2013年7月16日   カテゴリー:商売繁盛のしくみ

商売繁盛に肌ツヤは意外に関係あるかもしれません。
リマーユプラセラ原液はリバテープ製薬株式会社の肌ケア製品です。
またリバテープ製薬は熊本県に本社のある企業ですが、元々は
救急絆創膏で知られるメーカーであり、日本では最初に救急絆創膏を
販売開始したメーカーとしても、特に熊本県内ではほとんどの方が
知っている、知らない人はもぐりとも言われる有名どころです。

昭和35年の創業以来、医薬品や医療機器、医薬部外品や化粧品に
いたるまで幅広い商品を開発しています。つまりリバテープ製薬は
スキンケアに特化したメーカーではありません。

最近はリマーユプラセラ原液の口コミだけでなく、シリーズとして
ヘアケア用品も有名ですし、他には絆創膏としてかなり薄いタイプも
好調のようです。もちろんスキンケアも、リマーユプラセラをはじめと
して多数のラインアップがあります。

また今では馬油のメーカーでしょ?という方も多く、
馬油の素晴らしい効果をもっと多くの人に広めたい、
美容に役立てたい一心で開発を進められているようです。

リマーユという名前はウマユをもじった表現だと解釈可能ですが、
馬のたてがみ、尻尾などから摂れる脂を馬油と呼び、地方では
バーユ、マーユなどと言って親しまれています。

またリバテープ製薬ではインターネットのソーシャル
情報発信サイト等を利用し、たくさんの便利な情報を提供しています。
国内でも有数の実力派の企業であり、オリジナリティのある、
親しみやすい企業と言えます。リマーユの効果も今後どんどんパワフルに
なっていくと考えられます。

投稿者:商売繁盛応援団
2012年9月17日   カテゴリー:商売繁盛のしくみ

商売繁盛!商売繁盛!って最近は見なくなって来ている感じがしますよね。
なかなか商売繁盛!って言い切れるところがなくなってきているからでしょうか。。
その辺の内部事情はよくわかりませんが商売繁盛しているところは以前に比べて減って来て
いることにはまちがいないでしょう。

どうやったら商売繁盛するのでしょうか。

そんなことがすぐにわかったら誰も苦労はしませんし、もし知っていたらその日とは商売の
神様として拝められるはず。。。
そんな人に会いたいものです。(松下幸之助さんは商売の神様と呼ばれてるかも。。。)

街の商店なんかはどんどんさびれていってしまい、便利な時代が進んでいっています。
この前も仕事で使う自動車の自動車保険見積もりサイトをネットで見ていましたが、これが
とっても便利!

なんでもネットの時代になっているのでアナログな商店は難しいですよね。
そんなに安い訳でもないですし、ポイントもないし。クレジットカードが使えないケースも
あります。

そんな状態で商売繁盛というのはなかなか今の時代現実的ではないですね。
その時代時代に応じて変化する必要があります。
特に商店がさびれていってしまったのは、そこが理由かもしれませんね。

便利な時代だからこそ淘汰されていくのです。

そうならない為にも生き残る為にも考えなければいけません。
どんな商売でもまずはお客さんのニーズをよく考える事です。
お客さんが困っている事を考えるのです。どうやったらお客さんの役に立つかをしっかりと
考えて調査して実行する事です。
自分が稼ぎたいとか自分に矢印が向いているとそれは失敗しますし成功しても長くは
続かないでしょう。
なのでまずはお客さんの事を考えて商売をする。
それに限ります!

投稿者:商売繁盛応援団
2012年5月30日   カテゴリー:世間よし

商売繁盛という言葉を最近聞かなくなってきたな。と思います。
数年前まで商売繁盛!商売繁盛!とよく町で聞いた物ですが最近は全く聞きもしないし、
見る事もなくなりましたね。

いまの景気が物語っているのでしょうか。確かにどこもかしこも商売繁盛していないのが
現状です。
逆に商売繁盛と垂れ幕があったりするとなんとなく胡散臭い見えてしまいます。

しかし商売繁盛を祈願してお参りをしている人はたくさんいます。
みんなが商売繁盛を願っているのです。
そのためにいろんな事に挑戦して努力をしているのです。

今の日本が元気が無い様に見えるのは中小企業の力が弱まっているんじゃないかと思います。
今は大企業も大変な時期ではありますが企業のほとんどを占める中小企業が運営し辛い環境
になっているので毎年倒産していく中小企業が後を絶ちません。
中小企業が潤ってくると商売繁盛という言葉も戻ってくるんじゃないでしょうか。

景気がこういった状況なので昔からありますが商売繁盛を促すコンサルティング会社も続々と
出てきました。
こうやると売れますよ!とか集客出来ますよ!とかキャッチコピーはこうした方が良いですよ!
とか。
安価で物を売る傾向にあるので逆に単価を上げて収益を高くとる方法とかも紹介しています。

このコンサルがどこまで信用性があるのかはよくわかりませんが多くの方が気になっている
んじゃないかと思われます。
結果はどうあれコンサル料は支払いますのでどこまでやるかはその方の手腕次第。
商売繁盛の為に毎日頑張らないといけませんね。

投稿者:商売繁盛応援団
2011年11月12日   カテゴリー:世間よし

私たちはよく、ビジネスマン、という言葉と使いますが、日本では、これは、サラリーマン
というのと、よく似た意味ですよね。
自分で商売をしている人のことは、個人事業主、とか、起業家、とか、大きな企業の
経営陣になると、企業人、とか、そういう言い方をするのでしょうか?

いずれにせよ・・・個人事業主であろうと、大企業であろうと、商売をしていれば、
商売繁盛を願うのは当然ですよね。で、商売繁盛の神様、とか、そういう場所が、
正月の初もうでなどで賑わう、ということにもなるのでしょう。

いや、昔の話ですが、特に、商売繁盛の神様を祭っている神社などでは、
初詣の賽銭箱に、一万円札が結構混じっていたそうです。
で、昨今は・・・? と申しますと、その頃と比べると、一万円札はおろか、
千円札の姿も、珍しくなってしまったな、なんていう話を聞きます。

そうすると、なんだか、寂しい気持になってしまいますよね。
商売繁盛の神様のご利益(りやく)も、賽銭の多寡次第・・・ということになるのでしょうか?
いやはや・・・政権与党の人間は、自分の党が、なにかの間違いで政権にある間に、
これ幸いと、大臣だなんだ、と、権力の座につこうとするばかりで、まるで、火事場泥棒の
集団のようです。

そんな輩が政権にある間は、私たち市井の商売人にとって、商売繁盛なんて、
願うべくもないのかもしれませんが・・・。本当に、暗澹たる気持ちになってしまいますね。
しかし、来年の正月にも、私は、商売繁盛の神様のところへ、初詣に出掛けますよ!

投稿者:商売繁盛応援団
2011年8月15日   カテゴリー:商売繁盛のしくみ

商人にとって、自分の商売が繁盛することが、商売をすることの目的であることは、間違いがありません。
商売繁盛を達成して、商売繁盛を続けて、その先に、なにか、別の目的、目標がある、
ということはあるでしょう。

しかし、商売をする限り、商売繁盛を目指す、商売繁盛を願うことは、これは当然でしょう。
商売繁盛を目指して、日々、切磋琢磨していても、必ずしも、常時、商売繁盛が達成されるわけではありません。
商売ですから、不調のときもあるでしょう。
その時々の景気や社会情勢など、不確定要素(商売をやっている限り、この、不確定要素を、不確定のままにしておかないよう情報収集を怠らないことが求められますが・・・)に左右されることもあるでしょう。

そんなことも考えると、商売繁盛を目指す本業だけではなく、なにか、サイドビジネスや、
資産運用について考える、ということも、実際に、あることでしょう。
例えば私は、いま、比較的順調な本業に力を傾注しつつ、fxで資産運用も同時に行っていこうと、fxスプレッドについて調べております。

本業について、今後、どのように推移していくか、商売繁盛とまではいかなくても、
比較的好調な状態が、どれだけ続くか、不透明であるからです。商売繁盛を目指しつつ、
資産運用もしっかりと行っていく、ということが出来れば、より安心して商売をしていけるな、と、いうふうに考えています。
つまり、保険として、資産運用を行う、という考え方ですね。

投稿者:商売繁盛応援団
2010年9月22日   カテゴリー:近江商人の教え

近江商人の優れた教えに、さらに2つの教訓があります。
「利真於勤」と「陰徳善事」という言葉です。

「利真於勤」とは、「利ハ勤ルニ於イテ真ナリ」という意味で、商人さらには商売繁盛というものは、物資の流通を促進するものであると、徹底的に考えたことにあります。

つまり、商売繁盛、利益とは、流通そのものを促進することで、その派生効果、平たく言えばおこぼれで生まれるものだという、謙虚な姿勢の表れなのです。

今で言えば、活性化という言葉がそれにあたるでしょうか。
地域の活性化、コミュニケーションの活性化など、いろいろありますが、やはり活発な人と人との交流を促進することが任務だということを忘れてはいけないのです。

企業であり、商売繁盛を願う個人・法人というものが、人の交流の活性化、ひいては幸福を願う事が、ゆくゆくは自分の商売も繁盛させるものであるという、深い教えです。

自分の利益さえ上がれば、商売繁盛と考える、拝金主義を戒める教訓ですが、いつの時代にも、いや今の時代にこそ、だれもが肝に銘じるべき言葉でしょう。

そして「陰徳善事」とは、人知れず善行を積むことを勧めた教訓です。

確かに、社会的責任を果たすことが商売繁盛につながる、というハイレベルな考えに到達するのは、副業でも独立・起業でも、かなり時間がかかることに違いありません。

誰も、そんな崇高なレベルに、すぐ行けるわけはありません。

でも、商売人として、やはり肝に銘じておかなければならないことは確かにあって、それがこの「陰徳善事」というものではないでしょうか。

「陰徳善事」ならぬ「陰徳悪事」をしている、見掛け上繁盛している商売人というのは、それでもたくさんいるでしょう。

でもその多くが、時には晩節を汚し、時には法の裁きを受け、という状況に落ちっているのです。

誰でも自己顕示欲はあり、見返りを期待してしまうところがあるでしょう。

近江商人にしたところで、商売繁盛は利益の追求的な考えも、きっと多くの人が持っていたでしょう。
だからこそ、このような言葉で戒めていた彼らは、現代でも商売繁盛の手本として、いやこれからも長きにわたって、商売繁盛への道しるべとして、語り継がれていくのでしょう。

投稿者:商売繁盛応援団
2010年9月20日   カテゴリー:商売繁盛のしくみ

「副業や独立・起業はしたい、でも何をやればいいんだろう」

やりたいけれど、何をやればいいか、何から始めればいいかわからない、そんな声をよく耳にします。

そんなときに考えるヒントをお届けしましょう。

最近、特にIT関係でよく耳にする言葉「ソリューション」
聞いたことがありますか?

日本語で言うと「解決策」です。
なぜこの言葉がもてはやされているのでしょうか?

当然、儲かるからです。
商売繁盛のキーワードだからです。

IT系のセミナーなどに行くと、必ずこのソリューションという言葉が出てきます。

あまりに使われすぎて、ソリューションというキーワードだけでは、セミナー集客にも苦労するくらい、氾濫してしまった感はありますが。

でも、なぜソリューションが、商売繁盛のキーワードなのでしょうか?
それは、どんな企業にも問題があるからです。

問題があるから、それに対する解決策を提供する。
それがソリューションであり、それが商売繁盛の武器なのです。

考えるヒントというのは、この問題を考えることです。
そうです。
あなたがその問題に、ソリューションを提案できれば、あなたの商売繁盛につながってきます。

例えば、少子高齢化はどうでしょうか?
これは日本だけではないにしても、日本国内の大きな問題のひとつですね。

問題が大きすぎますか?
スモールビジネスでの副業や独立・起業では、考えられないほど、途方もない問題ですか?

実はそうでもなかったりします。

お墓参り代行というビジネスがあります。繁盛している商売なんです。
高齢化でお墓参りが難しくなったお年寄りと一緒に、または代わりにお墓参りをしてくれるというビジネスです。

これ、最初はひとりで始めたサービスなんです。
日常のちょっとしたことをヒントに、副業や独立・起業を考えつくことはよくあります。

そして、問題があって解決策があるという仕組みを、常に考えていれば、必ず商売繁盛のヒントがあるはずです。

投稿者:商売繁盛応援団
2010年9月17日   カテゴリー:近江商人の教え

企業の社会的責任、CSRという考え方があります。企業にとってはとてもやっかいな時代になりました。

それは、モノを作って売っていればそれで済まなくなったからです。企業は様々な意味で、社会への貢献を求められています。

そして今は、それが商売繁盛の王道とも言われるようになってきました。

フィランソロフィーという言葉に代表されるように、営業活動以外の部分で、企業は何をしなければならないか、それをじっくりと考えなければならないのです。

ある意味、あなたの商売繁盛のチャンスでもあると言えます。なぜなら、そこまでできない企業が圧倒的に多いからです。

そこにニッチが生まれ、商売繁盛の材料が生まれてくるのです。

企業にとって、法制度や環境問題は、否応なく降ってきます。

各種の省エネに関する法律がいい例です。また、温暖化ガス排出を削減するという日本政府の方針もそうです。

容赦なく迫ってくる法律や制度、規制の波にさらされている企業は、どうすればいいのか考えあぐねているのです。

現に、2010年8月の総務省調査では、6割の企業が、グリーンITの仕組みを取り入れていませんでした。

この時代に、もっとも進んでいるであろうITの仕組みにさえ、大半の企業が対応できていないのです。

そしてここにビジネスチャンスがあふれています。

スモールビジネスが大企業に勝つ商売繁盛のヒントが隠されているのです。

ある意味、近江商人の教え、商売繁盛の仕組みである「世間よし」という考え方が、ビジネスチャンスを連れてきてくれる可能性もあるのです。

投稿者:商売繁盛応援団
2010年9月16日   カテゴリー:商売繁盛のしくみ

商売繁盛comというホームページがあります。

中小企業異業種ポータルサイトと名づけられたこのホームページには、静岡県静岡市の数々の中小企業が掲載されています。

コンソーシアムという言葉を聞いたことがあるかも知れませんが、これなどはそれに類する取り組みのひとつです。

商店街に代表されるような、全員で商売繁盛に取り組むような仕組みは、最近の大規模店舗、量販店全盛の時代には、めずらしく、また難しいところでもあるでしょう。

でも、それがインターネットを駆使することで、時間・空間的な束縛を脱し、素早い情報の授受と集客の仕組みを構築することで、小さなビジネスでも大企業を向こうに回して、立派にビジネスを成立させるチャンスがあるのです。

商売繁盛の仕組みが、ブリック・アンド・モルタル、つまりすべてを持っている集合体から、クリック・アンド・モルタル、さらにはバーチャルな店舗まで広がってきました。

さらに、例えば総合電機メーカーのような、1社で完結する仕組みから、特化したメーカーへとシフトも起きています。

1社完結の最大の欠点は、動きが遅くなることです。決済に時間がかかり、戦略を実行するまでの期間が延びる、それで商売繁盛の仕組みから乗り遅れてしまう。

でも、スモールビジネスの集合体であれば、決定も早く、行動に移せるのも早いはず。
当然、動きの鈍いスモールビジネスは論外ですが、ひとつひとつの企業やビジネスオーナーが、スピードで勝負すれば、決して大企業にも負けることのない商売繁盛の仕組みをつくることができるのです。

投稿者:商売繁盛応援団
2010年9月14日   カテゴリー:世間よし

近江商人の例ではありませんが、三方良し、特に世間よしと言うことに注目すると、現在の商売の役割というものが見えてくる気がします。

それは、商売とは、利益が上がることだけを繁盛という指標にすると、どこかで行き詰まってしまうと言う教訓だと思います。

しかし副業にしても、起業当初からそんな高遠な目標を立てるべきではないのですが、ゆくゆくの目標は、どこかで「世間よし」という考え方を持っているべきでしょう。

「すべては商売に通ず」ということを忘れないで欲しいのです。

それはどういうことでしょう?
たとえば、副業としてネットショップを開店したとします。そこでメルマガを発行することもあるかもしれません。
従来なら、商品の説明はしても、メルマガでお客様を啓蒙するなどいうやり方はありませんでした。

でも今は、副業でも専業でも、いかにパーソナリティを出していき、信頼感を醸成することが商売繁盛に繋がるかということなのです。

これが、すべては商売に通ず、という考え方。

あなたの一挙手一投足が、商売繁盛の成否を左右すると言っても、過言ではないでしょう。

以前のような大量生産・大量消費の時代が過ぎ去って久しいですね。
今は個の時代とも言われ、均一なメイドインジャパンが売れるといった、商売繁盛の仕組みはなくなってしまいました。

では、なぜお客様はモノを買うのでしょう?

そこに、信頼というキーワードがあることを忘れないでいただきたいのです。
お客様はなぜ、あなたから商品を買うのか、それはあなたを信頼したときでしょう。

投稿者:商売繁盛応援団